読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明けの星を待ってる

とても個人的な日記:祝🎉主演舞台

最近について

本当にとりとめの無い日記です。

 

ゴッホゴーギャン
今年は、ゴッホについての舞台が、たくさんあったような気がします。
私が見たのは「ミュージカル ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」で、入野自由さんがテオを演じる作品でした。
昨年から2.5次元にハマったことで、歌への評価が恐ろしくザルになっていたのですが、
入野さんの歌は素晴らし過ぎて、一曲目で目をかっぴらいて息を飲みました。
ゴッホゴーギャン展」に行こうと思いました。あと将来双子の馬か猫を飼う事があったら「ヴィンス」と「テオ」と名づけようと思いました。

不勉強なもので、絵画の価値についてはよくわからないのですが、展示されている作品の中で、私はアーモンドの花が好きでした。
手折られた枝の一本を描いたものでしたが、ヴィンセントが甥のために描いたモチーフと同じだと思うと、
入野さんの歌声が思い出されて泣きそうになりました。テオに、入野さんが演じるテオに、息子が居たのだと思うともうそれもとても辛いのです。
昨年「ミュージカル タイタニック」で、入野さんは一等客室のゲストを演じておられましたが、彼はまだ幼い息子にキスをして、
そして救命ボートに乗り込む妻と息子を見送りました。テオもまた、息子にキスをして、舞台の上を去って行きました。
幼い息子を残して逝くしか舞台の上に居られないのかと、ハリウッドのような大団円大好きの私は考えてしまうようです。

ゴーギャンもまた、ミュージカルでは友情は破たんし、終わってしまったかのような印象を得ましたが、
そうではなかったのだと、今回の展覧会が教えてくれました。
最後に展示されていた「肘掛け椅子のひまわり」、今回の展覧会でメインで使用されていたゴッホの描いたゴーギャンの肘掛け椅子を見た後に、
ゴッホが腹を撃ち抜いた後の時代に、こういうものを描いて(展示して)いるなんて、ゴーギャンのなかにもちゃんとゴッホの存在が残っていたのだと、
まるでゴッホの身内のような気持ちで眺めてしまいました。一方通行で無かったのなら、なによりです。

女は男性が二人いたら夢を見る。今回の場合は永久に続く友情と、兄弟の絆ですね。

 

・K -Lost Small World-
ブルーレイ買いました。最高。
一番最初に見た2.5次元は初演のDVDでした。もともと白銀のクランが大好きな私が、白銀主従きっかけでDVDを見て、気づいたらこんな感じになっております。
仁希のビジュアルが本当に好きだと言う話は置いておいて、とにかくロスモワが私の心に刺さるという話と、美咲と猿比古に対する独自解釈の話をします。

思春期の閉塞感も大人になることの閉塞感も、もういい加減知っていてしかるべき年齢になりました。
けれども、みんながそれを抱えていると、当たり前に通る事だと認めるのも、なんだか癪だと思う子供のまま、年を取った人間が私です。
大貝阿耶ちゃんへの感情移入度が、半端ではありませんでした。
彼女だって表舞台で生きていけるかもしれなかったのに、二度とそこへは戻れないのだと思うと。
一度、解放されたはずがまた、閉塞感に埋没していくのだと思うと可哀そうで、猿比古よりかっこ良くて出来る登場人物を作って、飛行船を追いかけたあの日より楽しい毎日を二次創作したくなります。

小さな世界では美咲も猿比古も王様だったのに、残酷な事に本当の王様は別にいて、
選ばれなかった二人はその王様の臣下となるしか物語を続けることが出来ない、閉塞感の先にあった閉塞感がしんどかったです。
猿比古は、美咲が自分じゃない誰かを仰ぎ見るのが許せなかったから、今までの美咲のコミュニケーションとは別の、
美咲以外に唯一積極的に自分に関わって来た人間――仁希のコミュニケーションを真似したのだと、「美咲ィ」と呼ぶ声を聞いて泣きました。

思えば、仁希の世界にもたぶん木佐さんと猿比古しか居なくて、何かしら特別だったのだろうし、スモールワールドで、ロストしていたのだろうと思います。
仁希と木佐さんに夢を見まくっている自覚はありますが、そこに愛が無かったわけではないと、どうしても思ってしまいます。ハリウッド脳だから。
何故籍を入れたままなのか、何故堕ろさなかったのか、何故入院を知っていたのか、何故月に一度怒らせたいのか。
関わり方を間違えていたんだよと、今日も考えて二次創作を漁ります。

めんどくさい人間を描かせたら、壁井ユカコ先生は最高ですね。

 

・ヴァニタスの手記
望月淳先生は本当に、なんて言うか、私たち一部のオタクを殺す兵器を作っているのでしょうか?
面白すぎて、禿げそうという、いにしえより伝わる表現を思わずしてしまいます。

ヴァニタスとノエの、「協力したいわけでもないが止む追えない理由から共にある」というビジネスバディ的関係性がとても良いです。
主人公が二人、歩む方向も綴る物語も違うのに、「ヴァニタスの手記」という作品を形成するためには二人が必要です。まあ当たり前なんでしょうが。
物語を進めて行く道筋はヴァニタスが決め、綴り方や文体はノエが決める。そんな感じです。

個人的には二巻に出てくるドミが、好きです。今のところ恐らくヒロインであるだろうジャンヌよりも。
「婚約者だ!」という登場は苦手なキャラクターっぽくて警戒しましたが、あまりにも献身的なのと、
本当は本当の婚約者になれたら幸せだと思っているのにそれを隠しておどけて見せちゃう、という所が垣間見えた瞬間にめっちゃ好きになりました。
この子たぶんこれから苦労します。頑張ってください。

たぶんキャラクターとしては、血族を悉く失って帰る場所すらない、亡国の王子然としたノエに吸い寄せられていくのではないかと思っております。
(太陽のように臣民に愛される王子が好きだと、前に気持ち悪いブログを書いた事がありますが、
その王子が守るべき物を失ったら、僅かに残った守るべきものを守るために戦う事になったら――そうです、それが亡国の王子)

PandoraHearts」のようにアニメになるのでしょうか。まずはドラマCDからのような気もします。
だとしたらノエは石川界人さんが良い。そうなってくるとヴァニタスは斉藤壮馬さん。
そしてあわよくば舞台化して推しが出て望月先生がレポ漫画で似顔絵を描いてくれて咽び泣く未来が欲しいけれど、高望みは、禁物。


・最近している二次創作について
オタクなので程よくたしなむ創作活動ですが、機会に恵まれて有志のメンバーとしてアンソロジーみたいなのに参加しています。
今まで、「誰かに読んでもらえたら万々歳」ではありましたが「誰かが読むと決定している」ものを書いた事がありませんでした。

全然、こう、ユーザーフレンドリーに書けません。

「私が書いて理解してもらえる物語」の範疇をゆうに超えて「私程度の実力ではどんなに書いても理解してもらえないけれど書きたい話」になってきており、
そしてそれが本当に面白いのか、本当に誰かの目につく所において良い物なのか、分からなくなってきています。

そもそも、二次創作というのは、誰のためにするものなのでしょうか。
私は、最初は、私が読みたいからしていました。私が読みたいものが見つからなくて、気づいたら書いていました。
私の読みたいものは誰かが読んで面白い物ではないかもしれないのに、誰かが読むことを前提に書くと言うのは、どういう事なのでしょうか。
底辺の私の作品など、誰かが読みたい物でしょうか。
今書いている物も、私が読みたいから書き始めた物だったはずなのに、本当に誰かが読んで「読んだ時間が無駄ではなかった」と言ってくれる代物なのでしょうか。

でもなんて言うか、それでも書きます本に載せますと思うのは、たぶん私が本当に好きであわよくばみんなに知ってもらいたいからで、
そこが平日の時間のほとんどを潰しているサラリーマンとしての生活と異なる点だと思います。

 

・文豪とアルケミスト
何だかツイッターがみんな文豪と戯れていたので私も始めました。武者小路実篤が好きです。
雰囲気がとても良いですね。曲がすごく好きです。

白樺派の二人がアイドルというか、王子様然としていて良い感じだったので、
刃であることから生まれる補修の非効率さと、刃の攻撃回数の少なさを度外視して会派に入れて連れ歩き、双筆真髄をやっと見ました。
シンメ最高ってなりました。

刀剣乱舞よりクリック回数が少ないのと曲が良いですね。あとレアリティに関係なくキャラクターを育てて良い所。
刀剣乱舞はレアリティの高さがそのまま攻撃力や耐久性になるので、そこがいつまでも好きなキャラクターだけで部隊を組めない悲しい所で、
しかもレアを引けないからいつまで経っても鶴丸と江雪が頑張る羽目になり、やっとこさ大太刀が来るころには時すでに遅しといった様相を呈する羽目になりました。

坂口安吾の実装が待ち遠しいですが、出来れば酒びたりのおじさんのデザインは避けていただきたい。