夜明けの星を待ってる

始発電車まばらな幸せ:マイブームはキュウレン・アナデン

日記

もうあれですよ、しばらく舞台行ってないからこのままだとたぶんパスワード紛失してログインが出来なくなると思うんだよね。

もう感想がない、書く感想がない。日常も逃亡したいという感情以外は何もない。日常に感想などない。

じゃあ最近何があったかなって言うと、石原さとみになりたくて化粧下地をプリマヴィスタにするのと同時に、刀ステの蔵出し映像集が届いた。

なんども言うけどもはやオタクでいる期間の方が生まれてこのかた長いもんだから、いつまで経っても垢抜けないんだけれども、プリマヴィスタによって石原さとみになりたかったんだよね。

そんなこと言ってんのに舌の根も乾かないうちに刀ステの蔵出し映像集来てるの、本当にどうしようもないなって思うんだよね。

しかもツイッターで検索したらプリマヴィスタじゃなくてマキアージュの下地の方が良いみたいな話もあって、長谷川潤になれるならそれでも良かったと思った。

でも何度化粧してもゆりやんレトリィバァにしかならないんだよ。ゆりやんレトリィバァが蔵出し映像見てるようにしかならないんだよ。

 

そういえば過去記事をいくつか消した。それも結構前の話だ。別になにがあったわけではないけど、感想を書くものと書かないもの、妄想のでっこみひっこみの観点から少し整理した。

感想は舞台だけにしようと思う。イベントの感想が読みたければ推しのファンブログを見ればいい、たくさんあるのだから。

 

今日もとりあえず日常の話。最近見たリアリティに富みすぎて目覚めた瞬間現実だと認識してて、めちゃめちゃツイッターを更新した夢を書き記しておきたい。すごくビビったから。

 

・某地下アイドル出身者が地下アイドルグループを任期満了に伴い卒業する夢

もしかしたら果てしなくデリケートな話題の可能性があるかもしれないのでここでこの話は終わり。

 

・身に覚えのないチケットの当選通知が大量に届き、クレジットカード明細を確認すると二分おきに支払済の履歴が残っている夢

「え、なになになになに、怖い怖い!!」と騒ぎながら通知が鳴り止まないアイフォンを握りしめ、近くにいた家族に叫びまくるだけの夢。母も父も「自業自得だろ」とだけしか言ってくれず、きょうだいの高笑いが響き、私は半泣きでリアルタイム更新されていくクレカの明細を眺めていた。

 

キュウレンジャーの録画に失敗する夢

これをド平日の真夜中に見て目が覚めたら夜中の三時だった時の居たたまれなさたるや尋常ではない。

 

今日はなんか夢見たような気もするがなにも覚えていない。そもそも残業して夜中に帰ってきた人間が寝てるのに朝も早よから「ガガガガガガ」「ガガガガガガ」「ガガガチュイーーーーーン」って音(電動コーヒーミルの音)をさせて人のこと叩き起こして来る家族にキレてたら夢の内容なんて忘れた。

 

ていうかなんなの? なんでこのおばさんは自分の肩幅より足おっ広げて立ってんの?(通勤の電車の中でこれを書いています)なんで人の足に足密着させてくんの? 私もうこれ以上足閉じて立ってらんないんだけど。

 

世間の子供達はもう夏休みだそうだ。驚きを隠せない。私は地獄の7月がもう終わることに恐怖を感じている。

地獄のような7月だった。まだ一週間残っているけど。

 

以下、今後読みたい本のメモ。忘れそうだから。

 

製造人間は頭が固い (ハヤカワ文庫JA)

製造人間は頭が固い (ハヤカワ文庫JA)

 

ブギーポップとか懐かしすぎる。

 

 

死者の学園祭 赤川次郎ベストセレクション(12) (角川文庫)

死者の学園祭 赤川次郎ベストセレクション(12) (角川文庫)

 

表紙が新しくなっていた。 

 

 好きそう。

 

ここから先は何もない

ここから先は何もない

 

 

 小島監督が読んでいらした。

 

たくさん本を読むようになりたいので電子書籍の導入を永遠に検討しているけど、電子書籍にするならそれ専用の端末が欲しいなと思っている。たぶん紙の本を買うのだろうなとは思う。