夜明けの星を待ってる

始発電車まばらな幸せ:マイブームはキュウレン・アナデン

煉ステ感想

納谷健くん出てるので行きました。

発表になった時から西田さん向き過ぎていたけれど本当に向いていた。

ザ・西田演出。

 

・バミリの量

最初の暗転で「???」となるくらいバミリの量が多くて、慄いた。あれを覚えて仕事してるのか!!

今回はセットが細々切れるのでさらに多いのかもしれない。

 

・セットと照明と曲

 相変わらずめっちゃセット動く。

照明も相変わらずとても美しい。

そして相変わらず人の死や信念に関わる時に歌詞のある曲が流れてきて否応無しに心が動く。

ソロデビューについては、崎山さんのファンは大変だなと思うに留まるが、アニメ化もされていない原作のために曲を用意し、それを効果的に使うのは単純にすごいなと思った。だって二幕に出て来て二幕で死ぬ荒木村重の死を、あれだけエモく描くのだから。

 

・ストーリー

漫画途中まで読んでたので全く不自由しなかった(不自由したという感想を読んだので)

ちょうど石田村のクライマックスから読んでいないので、「義兄弟の契りを交わそう!」とか感極まって泣きました。あんなに双子は佐吉をおちょくってたのに、信頼とはなんと美しい……。

確実に次回作あると思う。

 

・殺陣

二幕ずっと斬ってる。

無敵超人じゃない鈴木拡樹氏が久しぶりだったので、新鮮な気持ちだった。雑魚相手には負けたりしないものの、八咫烏(強い敵)には苦戦する。その感じが久々である。けど何かこう、佐吉の人間味は薄いのは、煉獄は英雄譚であるからかなと考えていた。最遊記の方が人間味ある。

前島亜美さんがサイコーにカッコ良かった。女性の殺陣はワカハイ界隈で売りにされる「早い」「多い」な殺陣にならないイメージがある。それはもちろん女性という体の作りの問題でもあるし、もしかしたら私が知らないだけでたくさんの理由があるのかもしれない。

だけど彼女の殺陣は華やかさの中に、武士のように見えたりしてなんというか、とてもかっこよかった。

納谷くんの体の軽さが存分に活かされていたので忍サイコーだと思う。素晴らしい回し蹴りが炸裂する。

 

・演者さん

前述の通り、前島亜美さんかサイコーすぎる。阿国がもしかしたら好きなだけかもしれないが非常にかっこよく、そして色っぽく、時に子供のように可愛らしく、そして曇の当主として在り続ける姿のかっこよさたるや。阿国最高!

納谷くんのちょっとサイコパスな演技、ゾクゾクした。本気で思ってるのかわからない賛辞や助言、罵倒まで、年若い少年が狂っている感じ。最高。アニメ化されておらず、ギリギリドラマCDになっているがまあ聴いていないし誰が出てたかも知らないのだが、納谷くんの一波は正解感あってとてもいいと思った。贔屓目かな?

 

殺陣、エモい演出、殺陣、殺陣、エモい演出って感じで進んでいくため、何を観にきたのかぶっちゃけわからなくなるが、初めから分かっていたといえばその通りだし、私は煉獄のストーリーを把握しているので何の問題もなかった。

繰り返すが、何が起きているのかわからないと言う感想を読んで、まあ確かになと思った次第である。

 

ちなみに、なぜかテレビで生放送する。

おヒマがあればどうぞ。

私はそれなりに楽しみました。

https://www.instagram.com/p/BYkkyfChkNZ/

#観劇 #煉獄に笑う #煉ステ 舞台 煉獄に笑う