夜明けの星を待ってる

仮面ライダービルド最終回後の生き方を模索している

映画『爪先の宇宙』感想

映画『爪先の宇宙』を観てきたので感想を述べる。

うまくリンクが貼れなかったので、ストーリーを転載すると以下のようになる。

漫画配信アプリ「comico」連載の同名漫画を実写映画化。固く心を閉ざし、人とのかかわりを絶って生きてきた主人公の再生の物語を描く。高校時代に親友から放たれたある一言がきっかけで心を閉ざし、親との関係も原因で思ったことを口に出すことができなくなってしまった吉河亜紀。自分を変えるために小さなカラオケボックスでアルバイトを始めた亜紀は、バイト仲間との交流を通して少しずつ変化していく。

爪先の宇宙 : 作品情報 - 映画.com

ちなみに、いろいろ思うところはあるが私はこの映画嫌いではない。なんなら少し泣いた。

 

・ダブル主演という形をとったことについて

主人公はアキちゃん(演 桐嶋ノドカ)だ。そのため、まずはアキちゃんがトラウマを乗り越えていく必要がある。アキちゃんのトラウマはそれ即ち高校時代の友人との揉め事である。アンジ(演 北村諒)はそのトラウマに対するアキちゃんの向き合い方に口を出したりというよりは、トラウマに苛まれたあとのアキちゃんに関わる「うまくいかない人間関係」の代表である。(うまくいく人間関係はユメコさん)

アキちゃんの社会復帰を助けるという意味で、アンジのぶっきらぼうさに自らアキちゃんが歩み寄らなければならないという意味で、ある種アンジの存在が訓練であったというのはストーリー的に理解できる。

が、それだからと言ってアンジが主演の一人となるのはなんかよくわからん。主演ならもっとアンジの見せ場あってもいいと思う。上演時間は67分。あと30分頑張って、アキちゃんとアンジの始まりかけの恋みたいなの見せてくれるだけでも良かったのに。

映画では若干アンジの家のこととか将来のこととか匂わせて描いて、アンジがアキちゃんという不安定で変化して行こうとするものに出会って、少し変わって行こうとしている(=成長)みたいな描き方してたけど、それも薄くて主演というには物足りなかった。

アンジの主演感が薄すぎて消化不良。

 

・唐突な恋愛フラグ

例えば調理場担当のアンジの隣で皿を洗うとか、事故きっかけでアキちゃんのトラウマをアンジが目の当たりにするとか、そういう地味なフラグは序盤から立っている。漫画も確か立っていた。

ユメコさんが前髪をいじって来たアキちゃんの変化に気づいて、こう言う。「男子気づくかなあ」私は思う。今までのどこにアキちゃんがアンジに惚れる要素があったのと。今にして思えば「上手くいかない人間関係」であったためにアキちゃんが積極的に関わろうとして、それが恋愛的なやつにすり替わったのかなとも思うけど、そんな事推測しなきゃわからんというのもアレだし、推測ということは私の深読みでしかない気もする。

でも最後急にトラウマを乗り越えたアキちゃんがアンジに前髪のことを訊いて、アンジがアキちゃんの好意をちょっと察する。で、映画が終わる。消化不良!

例えば少しずつ恋愛しながらクライマックスでトモちゃん(アキちゃんの友人、トラウマの元凶)と和解し、それをアンジが見守り、初デートの約束へとかだったら良かったのにと思って漫画読んだが、そんなことしたら原作丸無視ということになりかねなかった。

 

・やりたいことはわかる気がする

まあまあ、つまりこういうことなんじゃないの?

 何一つわかってない? だとしたら済みません。

私が言いたいのは、「若い女子向けスイーツ映画みたいに綺麗な登場人物と綺麗な色を綺麗に撮りたかったんじゃないの?」ということだ。

(なぜ近キョリ恋愛のドラマのリンクかというと、まともに見た若い女子向けがこれしかないから)

ときおり挿入されるスーパーボール演出や、雨に打たれていろんな光を反射する窓とか、そういう事かなと思った。

星モチーフを連想させたいんだったらこの項目は私の深読みだわ、ごめん。

序盤斜めから登場人物のことを映したり、画面揺らしたりしてたのが後半おさまって、だいぶ見やすい感じしたけどあれなんなんだろうな。シャフトかよと思ってたけど後半はそんな事も忘れてた。

 

・曲

映画の途中で主題歌とか流れてくるんだけど、その曲聴いて「ノイタミナみてえだな」と思ったら、ほぼほぼ正解だった。

ryo (supercell)のこのノイタミナ感な。

結構好き。

 

 

……と、まあこんな感じだ。

正直、ネットの漫画にありがちな「やたらトラウマを持っていて親とも上手くいってないヒロイン」アキちゃんも、性格のキッツいトモちゃんも、絶妙に感情移入できないのだが、この二人の関係性は、高校時代(ともすれば中学生時代)の閉塞的な関係性を彷彿とさせて仲直りの場面で少し泣いた。

 

以上!