夜明けの星を待ってる

舞台、日韓アイドル、映画、仮面ライダー

映画『仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』感想

永夢先生マジ最高。(本エントリは医師免許を持つ登場人物を常に先生と呼んでいます)

開始数分でもう面白いからエグゼイドはすごい。

私の仮面ライダー歴ってめちゃくちゃ浅い上に見てる本数もアレなんだけど、その中でトップレベルに好きなキャラクターが永夢先生とアラン様で、永夢先生の好きなところちゃんとつまってて結果最高でした。

始まってすぐに事件が起きて、みんなが巻き込まれるなかで、永夢先生だけが難を逃れるような形になるんだけれども、その永夢先生をフォローするために残されたメンバーが各々を役割をしっかり果たすところが熱い。スパイ活動が得意(?)な貴利矢先生は敵陣へ、開発担当の黎斗は新たなガシャットやシステムを作り、パラドは永夢先生の身代わり*1

仮想現実の世界では、バグスターであるポッピーには想定された役割が存在しなかったのか、彼女が役割に閉じ込められたみんなに「ポッピーのまま」絡むのが何となく切なくもあったけど、乗り込んできた貴利矢先生が先生のまま、永夢先生に助言できる裏付けみたいになってたのかなと思う。貴利矢先生ってまだバグスター? ノベルでは治ってなかったっけ。この辺の記憶は曖昧なのでまた読み直します*2

エグゼイドってこういう、説明できないことがない感じが気持ち良い作品だよなと思う。

そんな中で、まどかちゃんという健気な女の子が、お父さんを「お父さんだ」と認識するのに特になんの理由もないのが映画っぽくて良い。

彼女には沢山やりたいことがある、ということを最序盤で描いておきつつ、本当はお父さんが揃った家族みんなで病と戦っていきたいという願いを覆うように、お父さんの「苦しみのない天国を用意する」という利己的な解決策を提示するのがなんとも大人に刺さる。苦しみを手っ取り早く取り除いてあげたいお父さんの気持ち、わかっちゃうんだよな〜。わかっちゃうんだよ大人はな〜。

このお父さんについては謎なことが多く、例えばなんでまどかちゃんが生まれてすぐ姿を消したのかとか、それにしてはお母さんはお父さんのこと受け入れてる感あるなとか、お父さんはアレだけのことしでかしておきながら何の罪にも問われず娘見舞ってるなとか。その辺は特に説明なしでしたね。

ジョニーマキシマ社長はゲムデウスだったわけだけど、ハリケーン忍者のラスボスなんだよね。

分かる人には分かると思うんだけど、ダモクレスの剣じゃない? 故事のことではない、大人気アニメKのことだ。

この下半身にあたる剣の部分でムテキを突き刺そうとするんだけど、その時本当に一振りの剣の形に近くなるのね。そして周りは戦いの影響で建物が崩壊していて、それはもうダモクレスダウンなんじゃないかな。分かる人には分かると思うけど。

まどかちゃん(子ども)の生への執着的なもので進化するの、悪の権化って感じでした。

 

やっぱり永夢先生のことが圧倒的に好きだから、登場人物としての話になると「永夢先生が主治医じゃない世界線に生きててもな……」というお気持ちになってくるんだけど、男性陣集合しての変身がすごいよかったなと思う。本当はポッピーもいてくれたら良かったんだけど、取り敢えず、あの悪天候の演出の中あれだけの人数のライダーが同時変身するのはもう本当にかっこいい。お父さんやったり、先生やったりしてたみんなが、ラストバトルではクールに自分の役割に徹するのもかっこよかった。

あの最後の永夢先生のかっこよさたるや……。一話リフレインにも関わらず、パラドというバグスターを受け入れて「行くよ、パラド」と呼びかけるところも走り去る背中も、本当にかっこいい。8歳くらいの時になんらかのしょーもない理由で永夢先生に診察してもらい、中学校に上がるくらいまで憧れときたかった。

雨といえば、私は呑気に「ビルドかってくらい雨降るな」みたいな感想を抱いてたけど、忘れてたのはエグゼイドはビルドの一つ前ってことで、しかもこれは夏映画だったってこと。巧ィィ……と思わず漏らした。エンディング後の戦いでまったくヒーローせずに永夢先生からエグゼイドの成分を抜き取って行ったビルド(葛城巧)が、あまりにもヒーローじゃなさすぎて愛おしい*3。声は戦兎くん*4だが。

あまりにも美しい流れで平成ジェネレーションズFinalに続くので感心してしまった。ビルド出の新規なので分かってはいたのだけど、本当にエグゼイドからビルドの流れが美しい。あの頃、仕事嫌だったけど本当に毎週ビルド観てて楽しかったなと思って泣いた。

 

某ウイルスの影響で観劇の予定が飛び、コンサートが飛び、辛いので映画を見まくって教養を身につけようとしているのだけど、トゥルーエンディング観てたらVシネも観たくなってきたんで観ようかなと思います。

*1:誰が身代わりを演じているのか少し考えればわかるのに、何も考えてなかったので車のドアが壊れて姿を現したパラドを観て「パラドォ」と思わずツイートした。

*2:教えてもらいました。映画ではまだバグスター、ノベルでは人間とのこと。

*3:この強奪は世界を二つばかり救うために必要なことだったんですよ。エグゼイド世界の力がなければビルド世界ではバグスターに対応できないんですよ。今私は仮面ライダーを見たことない人向けに説明しています。

*4:動いてるビルド、犬飼くんの声……相まって泣いた。