夜明けの星を待ってる

私のMBTIはINFP-Tです/Mr.ハッピーエンド

ミュージカル『マリーゴールド』感想

これで二輪咲きと書籍系、あとは初演SPECTER、D2TRUMP/REVERSE以外は観れたと思うので、ストーリーの大部分は追えたのでは?

今回とても短いです。

これだけの時間を経てもなお「ダリ・デリコ」は名を遺す偉大な吸血鬼であり、その「ダリ」に会いに来るソフィと「ウル」、そして「ダリちゃん」と呼ぶことでもうソフィのお遊びでしかない。これはソフィのためのグランギニョルだと思った。私は『TRUMP』→『LILIUM』と見て「ソフィ……」とずっと思っていて、何なら今も思っているのだが、たぶんソフィそのものが好きというよりもソフィという可哀そうな子どもがいつかすべてを燃やし尽くしてくれるんじゃないかと思っているからソフィに味方する感情がある。

キャメリア、とそれまでウルとしてふるまってきた人に話しかけるのもめちゃくちゃつらかったし、始まったときは「ソフィという名前の三津谷さんだったとしてもソフィ・アンダーソンじゃないんでしょ?」と思ってたけど、この一言で「ああソフィなんだな」と納得するのもなんかすごく嫌な感じがして悪趣味で良い。

ガーベラに対する周りの拗らせ方の身勝手さ、大人が勝手に生み出した命に対して勝手に憎み蔑みすることで、子供であるガーベラがそれを反射させているのが好き。あまりガーベラの主体性がなくて、周りの人が右往左往悩んでいて、やっと自分の意見を言うようになったなと思ったら周りはみんなソフィに良いようにされてるの可哀そうすぎる。

我守護ソングの、家族全てを守りたいヘンルーダ、姉と姪を守りたいエリカ、娘を守りたいアナベルアナベルのために守護者宣言するコリウスの、コリウスの気持ち悪さがちょっと面白い。つねにコリウスだけがちょっとズレていて、ヘンルーダアナベルとのことを告白されてマウントを取られた結果、床で悶え苦しんでることすら面白い。

しかしTRUMPシリーズの男どもはみんな揃いも揃って報告も連絡も相談もできずに身勝手な愛し方しかせず、家族を崩壊させているな。もっと会話をした方がいいよ本当に。その点出てくる女性の多くが高潔で孤高で、愛によって憎しみを断ち幸福をもたらすことができると考えているような気がする。すえみつさんの趣味?

エリカが本当にまっすぐで正しくあろうとするまともな女性だったから幸せになってほしかったなあ。

ヘンルーダはフラ家の末裔ということらしいけど、不能者のゲルハルト様はアンジェリコ様亡き後どういう経緯で養子をとり、それがキキと同じ役者が演じるガーベラに繋がるのか観たいなと思った。