夜明けの星を待ってる

始発電車まばらな幸せ:マイブームはキュウレン・アナデン

日記

抜いたぜ。

 

順を追って説明しよう。

 

朝と昼の部ちょうど間で予約してあり、朝胃に詰め込めるだけ詰め込んでから出発。到着し、緊張で無愛想になる私に対し歯医者の先生「無愛想じゃない?」

 

緊張してるんですよ、先生。

 

麻酔を塗られる。この時点で口の中がかなり熱い。じんわり麻痺していくのがわかる。

 問診。アレルギー云々について確認される。つい先日まで抗生剤を飲んでいたため、その旨申告。「ずいぶん強いの飲んでるんだねぇ」とのお言葉を頂戴する。まあもう持病と言っても過言ではないので、仕方がない。

 

一本目の注射。チクリとする。歯茎の内側二箇所、外側一箇所。のように感じた。正直、この辺りで表面的な麻痺に関して結構効いており、確かな感覚とは到底言えない。

また、ずいぶん診察用の椅子が倒されており、自動車免許のために習った気道確保を思い出す角度で口を開けている。鼻の穴も見えていることだろう。

 

約五分の待ち時間。マッサージしろと言われもちもち頬を押す。

 

二本目の注射。触った感覚がある。歯と歯茎のちょうど境目くらい。2回ほど。場所まではもうわからない。処置されるたびにうがいをする。面倒なのでうがい事情までは書かない。

「ちょっと触ってみるけど痛かったらすぐに左腕を上げてね」と言われながら、なんか金属的な音を立てるものと手で歯を突っつく。「痛いとかある?」「無いです(こんなに綺麗に発音できてはいない)」「よし抜こう」

なにか金属の器具が口の中に突っ込まれるが、必死に視線を外している私にはそれが何かを判別することが出来ない。

歯ががっちりホールドされているような感覚。恐らく何かペンチ的なアレで挟まれている。口の端に一瞬冷たいものが当たった。歯科衛生士さんと二人掛かりで口をと顎を押さえられながら、みしみしという音が歯に近い方の耳に聞こえる。先生がしきりに「痛かったら言ってね」「ほら抜けてるよ」「別のこと考えよう、帰ったらどんなテレビ見るとか」と言ってくれる。私はキュウレンジャーのことを考えながら顔をしかめて耐える。

親知らずと言えど元気な歯を抜くので、筋力のない私の首は歯につられて動きそうになるが、先生のびっくりするくらいの握力で顎を固定されているので、この時は顎の方が痛い。歯がずれる感覚がする。歯が移動する、というか、なんか存在感が無くなるのがわかる。体感一瞬、本当に30秒とかからず抜けた。

 

「持って帰る? 歯」

「いらないです(こんなに綺麗に発音できてはいない)」

傷口に抗生剤を放り込まれた後、今まで噛んだことのないどでかいガーゼを口に突っ込まれ、頭を倒したまま10分それを噛み続けた。そしてガーゼを取り替えてから、今度は体を起こして20分。あまりに噛まされているガーゼがデカイため、口の中がガーゼで渋滞し、周りの、例えば頬の肉とかの方が痛い。力がかかるべき歯が無いため、どれくらいの強さでガーゼを噛んだら良いかわからず戸惑う。「強く押さえなければ止血にならない」と先生。麻酔が効いているので、ガーゼを噛んでいる感覚が薄く、不安感がある。

最後にさらにチェックされ、新しいガーゼを噛み帰宅。30分程度したらガーゼを捨てて大人しく寝ようと思いつつ、ご褒美にキュウレンジャーを見る。

今週のキュウレンジャーはとてもメサく、バランスとナーガの幸いを願うばかりだが、今時の子はこのようなハードなものを見ているのかと思うと大層恐ろしい。

 

キュウレンジャーも半分を過ぎた辺りから、「あれ……歯(の跡地)、痛くない……?」と薄々痛いことに気付き始めたので、大人しく寝ることにする。ロキソニンと抗生剤を細々としたわずかな水で飲み、いそいそとベッドに横になる。痛い。最初に痛み始めた時とは違う。なぜなら歯がないから。周りの歯をグイグイ押して痛いわけではない。大穴がズキンズキンと痛む感覚。血の味がする。洗面台に吐き出して映画みたいな気分を味わおうかと思ったが、歯医者を出るときに先生に「無闇に吐き出したりして塞がりかけの傷口のかさぶたまで吐き出さないように」という言葉を思い出して、余計なことするのはやめようと思った。

 

その後、麻酔が切れる前に寝ることに成功し、今起きてレポを書いている。

 

今、とても、痛い。

 

寝ようと思うのだが、とてつもない空腹でそれをためらう自分がいる。すごいお腹減った。

痛いのにごはん食べれるのだろうか。