夜明けの星を待ってる

今ハチャメチャに仮面ライダービルドにハマっている

『イノセントデイズ』買ったよの話

 

若者の夢を描くときに、熱く描くか静かに描くかのパターンがあると思うが、これは静かなパターン。バラードなのだから当たり前なのだけど。

5人それぞれに設定を付けてあって、それが「Sexy Zone」の5人にも通ずる設定であるというところですでに監督に乾杯という感じはある。

 

大抵のグループや大抵のコンビや大抵の作品に執着するような人間は、その中だけで完結する小さい人間関係に夢見ている節があると思う。

少なくとも私はそうで、5人が、5人の世界で健やかであることこそが大切である。きっと他の、どんなグループの(あるいは座組の)ファンも同じだと思う。

5人が美しい家で5人だけで暮らし、淡く美しい色の服を着て、5人だけの夢によって5人だけで構成された世界を揺らすという、その閉じられた関係性がまさにそれ、おたくの見る夢であった。

役としてフェイクが混ざっているとはいえ、彼らの演じる役は彼らにどこまでも近くて、重なって見える。であるからこそ、あの美しい家が「Sexy Zone」というグループをシンボリックに示しているように思えて、あの家が5人だけの小さな世界に見えた。

他の人間が一切登場しないところもまたいい。「塾講師」「妹」という外と関わる設定はあれども、セリフにすら一度も出てこない。見せたいのは5人、というのがはっきりしてる。

 

Sexy Zoneって、ふまけんが出会ったことを当人たちが運命だと思ってることもさることながら、それを弟組3人が良しとした上で、5人出会ったことを限りなく運命に近しいものとして捉えてるところがあるようで。

おたくはすぐに運命を感じ、信じたくなる生き物だから、それが許されるというだけで居心地が良い。

本当に、定められた出会いであればと無邪気に願ってしまう。

 

「小さな世界」と「運命」の、永遠であってほしい2つが、変化していくのが青春であるという風に考えるのであれば、これはまさに青春を切り取ったMVであったし、けれどその中でもなお、世界も運命も変質してはいかないという点で理想だったと思う。

夢に向かって変化して行くことと、関係性が変質することは違うというような。(メイキング見たらふーまくんも言ってたけれど)

家という箱がなくても5人の世界は確かにあって、それは関係性という結線によるものなんだなと感じるのだ。

 

メイキング見ていて、青春のX軸が「永遠」と「変質」なら、Y軸は「甘い」と「苦い」なのかなとか(そうちゃんが監督に言われた、と話してた内容とか)思った。

楽しいことばかりではなかったということはみんな知っていて、それでも5人でと言う役割をそうちゃんやマリちゃんが担うことが、「いま5人である」という象徴しているみたいだ。

 

いま、5人であること。これかも5人でやっていくんだということ。「次」を、「また」を、言葉の中で少しずつ見せてくれること。色々なものが形を保てなくなる世の中で、こんなに嬉しいことはないと思うし、こんなに信じたいと思う言葉もないと思う。

永遠などない。そんなことはわかっている。

けれど出来れば、信じさせてほしいと思う。

 

──と、日々に疲れたおばあちゃんはMV見ながら思いました。

 

舞台行ってなさすぎてまさかのMVの感想。

読んだ本

まぁ、なんていうかな、わかりやすくいうと、仕事で大失敗した。

別に昨日今日の話じゃないし、もう1ヶ月は経ってるんだけど、全然傷が癒えないどころか自分で思い出してはえぐる始末。舞台のチケットも取ってないし映画観に行けるほどの体力もないので、何をしているかっていうとテレビ観てる。それか寝てる。

なので日記に書くほどのことが起きず、かと言ってこのままでは干からびる。

というわけで最近は小説を読むことを思い出したようにしているのだが、新刊は予想外のことが起きたりして疲れるので程々にしつつ、古い本を読み直したりしている。昔読んだ小説の話なんぞされても面白くはないだろうから、最近読んだ本を紹介しよう。

残穢』で恐怖に震えて以来、ホラー小説のことが忘れられず、最近読んだのは以下の二冊である。

 

 

凶宅 (角川ホラー文庫)

凶宅 (角川ホラー文庫)

 

ツイッターの方には画像だけ載せた。今回はちょっと感想を書く。あまりにも文化的活動をしてないので文化的活動をしたくなったのだ。


『どこの家にも怖いものはいる』、これは『残穢』や『私の家では何も起こらない』を読んだ結果、この二つのタイトルで検索したら出てきた作品で、つまり家にまつわるホラーである。

正直結論まで読んだ時、「読む順番間違えたな」と思った(残穢を後に、本作を先に読むべきだった)が、それ以外は最後まで結構なスピードで読んでしまった。

どこか似ているのに趣の違う怪談、という不思議な魅力に取り憑かれてしまったみたいだった。

なので、三津田信三さん作品を攻めてみることにした。

『どこの家にも怖いものはいる』の姉妹篇とも言うべき『わざと忌み家を建てて棲む』があり、これを読もうと思ったのだが、まだ文庫になっていないようで。まあ単行本でも良いかと思ったら近所の本屋に売ってなかった。これだから田舎は。この本は諦めて、今売ってる文庫から探すことにした。

その本屋は角川ホラー文庫の売り場面積が、陳列棚のわずか二列ギリギリくらいで、文句言うなら使わなきゃいいだけの話なのだが近いのでついついそこで済ませてしまう。

唯一、『凶宅』だけ売ってたので買った。本当は『禍家』が先だったようなので、暇な時に『わざと忌み家を〜』と共に取り寄せてもらおうかと思う。

『凶宅』はよくわからないものに対する恐怖だなと思った。土着のものが出てくるのは共通だが、『どこの家にも〜』より『凶宅』の方が「よくわからない」と思う。まあ『どこの家にも〜』は集まった怪談を分析し推理する話であるし、『凶宅』はどちらかと言えばその分析される側の話だ。私は怪異そのものを描くよりも、怪異に対してどのような理論を用いるのかという話が好きなんだと思う。主人公・翔太がもしも怪異の原因を突き止めていたらもっとハマれたのかもしれない。

結果、『どこの家にも〜』の方が好きだった。

 

なにもホラー小説ばかり読んでいるわけではない(少し前はSFを読んでた)ので、ぜひオススメがあったら教えていただけたらと思う。

せっかくツイッターを開設したので、お題箱も作った。ここにオススメを入れておいていただければ、そのうち読むと思う。

別に本だけじゃなくても良いけれども、映画は観るの少し大変かもしれない。

そよさんのお題箱

実は、いまめちゃくちゃ本を積んでいる。作家買い、表紙買い、あらすじ読んで面白そうだったから買い、ジャンル買いが溢れてる。

なので「苦手そうだな……」と思ったら読まない可能性もある。坂…司さんとか、湊…なえさんとかは苦手だ。正反対だけど。

 

そのうち放置してある読んだ本登録する系のWebサービスを整理して、活用したいなとは思う。

日記

寝ても覚めても、特撮のことばっか考えている。

 

ご存知の通り、めちゃくちゃに仮面ライダーにハマった結果、一週間の楽しみがスーパーヒーロータイム(以下、SHT)だけになってしまった。

社会生活を営むことに対する恐怖心が高まるともう、SHTのことしか考えられない。確実に退化している。恐らく男子小学生でも「学校行きたくないな」と思ったとして「日曜の朝まで頑張んないとな」と思うことは少ないのではないだろうか。

こちとらしっかり社会人のOLである。

 

通勤の最中も「とくさつ」という名前のプレイリストをグルグルと聴き、キャストのインスタにいいねをしまくっている。

 

先日は夢に見た。

最高の夢見だった。何らかの特撮を見てる夢だった。見ていた番組の内容は全く覚えていないが、めちゃくちゃに興奮した。たぶん「番組を見ている」夢ではなく、「番組を見ていることで興奮している自分」の夢だったのだろうと思う。

 

キュウレンジャーが終わった時、「終わった」という事実を受け入れられずにルパパトへの速やかな移行に失敗し、ふたつきほど経て丸一日ルパパトを見続ける日を設けて追いつく結果となった。

途中で躓いたキュウレンジャーでさえそうだったのに、マジで毎週息巻いて見てるビルドが終わってしまった時、精神が保てるのかわからない。

 

とりあえず、尽くせる手があるならと考えるのはごく自然ではないだろうか。

私はBlu-rayコレクションを買い、映画を買い、イベントを収録した円盤を買い、ムック本を買い、Blu-rayコレクションを予約し、備えている。

 

来るべきその時に向けて備えている。私は男子小学生ではない、OLなのだ。独立した家計が私を備えに駆り立てる。

 

そんな風にしてギリギリを生きているわけだが、どうしても辛い時にどうもこれが逆効果である。

「家でずっと見てたい」と思いこそすれ、いたいけな子供たちのようにヒーローを手本にして困難に立ち向かう気持ちなどこれっぽっちも起きない。

これっぽっちも起きないのに対処すべきことはたくさんある。私はOLなので。

 

そんなこと考えながら「とくさつ」のプレイリストを聴いてると恋しさから正常につり革に掴まってることも出来なくなるので、「よく聴く曲」のプレイリストに移行した。

一曲目から「Teleportation」で次が「rouge」だった。2012年の曲である。

もうだめだ、本格的に退化してるでしょこんなの。

メサイア月詠乃刻感想

言っておきますが、めちゃくちゃに気持ち悪い感想?妄想?です。なぜなら白崎が卒業した今、万夜様(と小太郎)を推しているからです。(ここは観た後に書いています)

 

〜これまでのメサイアと私〜

メサイアだ。

いやーメサイア来たよ。来れて良かったよ。ショーマストゴーオン、13ヶ月目のユートピア目指して。

白崎が卒業してしまったいま、悠久のDVDを観ていて、私はいつきのこと好きだったんだなぁと思った。間宮がいなくなって、いつきが来て、いつきが間宮のあとをなぞって。それで、いつきのことが私は好きだった。

なので、卒業したはずのいつきがまたいるのもなんか、嬉しいなと思ってる。「その男の名は…加々美いつき」だけで興奮してiPhoneを投げそうになった。

このツイート、正直ちょっと泣いた。少ない言葉が、サクラのいつきらしく思えてしまって。

万夜様と柚木が、小暮と雛森が、早々に己の過去と向き合うことになるらしい本作。あの強烈とも言える暁を、美しい悠久を見た4人ならきっと良い救世主たる関係を演じ切ってくれるのではないかと思っている。欠けることなく。

そう、欠けたることなく。

つくよみというそれが、黄泉の坂を駆け上がって、黄泉を見たその眼球から生まれたのなら。坂の下を二度と見ないような生き方をしてくれたら良いと思う。夜を照らす月の如し、だ。

アスファルトに立つ僕と月の間には何もないって知った

『ナイトフィッシングイズグッド』サカナクション

ここまでは観る前に書いた前置き。というわけで、以下は見てきた後に書いた感想である。例のごとく、ネタバレに関してはモリモリして行くスタイルである。

 

続きを読む

無題

まあなにが言いたいかっていうと、あったらあったで大変だが、無ければ無いで非常に不便なツイッターアカウントを取得するだけして放置していた。

それをちゃんと動かすことにした。

私は考え込むことが多すぎる性質なので、まあなんていうか、あった方が良いということなんだと思う。

なんでわざわざそんなことのためにブログ更新したのかの話になると、深夜テンションだからというほかない。

江戸時代生活

ぼっち、最高に楽しかったこと

・朝、小鳥のさえずりと共に起き、めちゃイケもしくはイッテQを聴きながら眠る

一人暮らしを始めて、とてつもなく健康的な、というか、江戸時代的な生活を送っていた。

というのも、遮光カーテンではなかったし雨戸もなかったため、どうしても夜明けと共に目がさめる。

夜明けと共に目がさめると、もう日が暮れる時点でだいぶ眠い。夕方にはシャワーを浴びて、早めの夕食、そのまま就寝。江戸時代である。

だが午前中のなんもすることのない時間に家事を済ませ、良識ある時間に掃除機をかけ、映画か図書館に出かけて、洋服を冷やかし、夕飯の食材を買って帰る土日の健康的さたるや尋常ではなかった。

だが、あまりにも世間と乖離した生活習慣であったため、致し方なく遮光カーテンを導入することになる。

・ひたすらに同じものを食う

いなり寿司と長ネギが大好物である。気が狂うくらい一人で食べた。いなり寿司は土日の昼食の定番であったし、長ネギなんて焼いただけのものにマヨネーズや醤油をつけてつまみのようにして食べたり、尋常じゃない量のネギを入れたうどんを作ったりしていた。

実家でこれをやっていたら気でも違ったかと思われかねない。

・変な時間の映画が観れる

そこそこ近所に映画館があったので、公開初日朝一で映画や、レイトショーなども楽勝であった。変な時間から身支度をしていても、誰も起こさないというのは気楽である。

・子供向け番組を堂々と観れる

誰も何も言ってこないからな!!

・ずっと同じDVDを再生してられる

誰も何も言ってこないからな!!

 

ぼっち、果てし無く辛かったこと

・孤独

一人暮らし初日号泣した。3日もすれば慣れるが、初日の夜の心細さたるや尋常ではない。

・コンビニ飯

これから一人暮らしを始める人はコンビニではなく、スーパーの惣菜にした方が良い。

コンビニのご飯は驚くことに、孤独を深める効果がある。(気がしている)私は最終的に、「不味くても手料理は食えるな」と思って自炊を始めた。

・隣の住人の客がなんか間違えてウチに来る

最初の時、隣の部屋は来客が多かった。なんでそんなに覚えられないのかわからないが、ものすごくウチのチャイムを鳴らす。

私の来客の少なさも相まって、イラつくからやめてくれと当時強く思った。

・「今日の自炊驚くほど美味いわ」「今日よく片付けたぞ」と思っても特に誰も何も言ってくれない

著しくモチベーションが下がる。別に実家にいたからと言って褒められる年齢でないことは確かなのだが、誰かに何かを伝えることができ、共有できるという状況は偉大だと、自分で作った食事を目の前にして幾度となく思った。

・酒量が増える

酒飲みながらブラウザゲームやアプリゲームに勤しむ。

 

こんな感じだろうか。正直な話、炊事洗濯掃除は慣れる。心配すべきは孤独に耐えられるのかっていうことと、一人になって羽目を外しすぎないかということだと私は思う。あと壁の厚さ。隣人はみんなうるさいと思って部屋を選ぼう。

私は孤独を紛らわせるために江戸時代みたいな生活習慣で空いてる時間をオタク活動にあて、結果こんな仕上がりである。

 

もちろんだが、治安は良いに越したことない

どうしてもあんみつが食べたい

この記事を読んでからもうみはしのあんみつのことしか考えられない体になった。

食べに行こう。

 

奇しくも、出かける予定があったためそこにぶつけることにする。

その目的地はこちら。

ただ悲しいお知らせがあって、

f:id:aoionon:20180317165100j:image

人気アプリゲーム「戦刻ナイトブラッド」とナンジャタウンのコラボイベント「戦刻ナイトブラッド 於 ナンジャタウン」開催中! | 最新ニュース | ナンジャタウン

あらま…よし…こ氏が声を当てている景勝のグッズ、在庫終わってるの多すぎ。舞台入るのも大変なら声の出ないグッズ買うのも大変。笑えてくるな。

連れの推しキャラは在庫あるのでそれを回収しにいくってことで行ってきたぞ!!!

 

ちなみに写真はほぼ撮り忘れたので、同時に開催してた弱ペダ(未読かつ未見)から一枚。

f:id:aoionon:20180317160846j:image

真波。(詳しくないが故の感慨の薄いキャラ名の申告)

ちなみに本当は、戦ブラだとキャラクターとしては秀吉が好き。

 

お目当てのみはしは東武百貨店にある。

これはサンシャインが東口にあることから考えると完全に線路の向こうで、めっちゃ遠い。連れは甘いもの苦手なのについて来てくれた。ありがとう。

 

ご対面!!

f:id:aoionon:20180317161130j:image

桜あんみつソフトクリームトッピングである。(奥は連れの抹茶アイスオン白玉ぜんざい

行ったのは池袋店(店舗紹介 | みはしの紹介 | あんみつ みはし

美味い!!!!

桜の味のものって、結果桜の塩漬けの味だから、桜の塩漬けが苦手な人はどうしようもないわけだが、これはその「桜の塩漬け感」があまりきつくない。柔らかい香りが鼻に抜け、塩味のおかげか後味がすっきりとしている。このアイス、とっても食べやすいので万人にお勧めできる。このアイスずっと舐めてたい。あんまり甘さが強くないのでなんかずっと舐めていられる気がする。

あんこも思ったほどは甘くない。そんでそのあんこが美味い。豆から出来ていることがわかる味がする。ずっと舐めてたい。ソフトクリームもさっぱりしてる。ずっと舐めてたい。

ずっと舐めてたい!!!!

まあだいたい食べてる時の私の頭の中はこんな感じだった。

ただ、寒の戻りなどと言われている時期に、アイスの上にソフトクリームを乗せたことで非常に寒かった。調子に乗るのは、良くない。

 

次は上野で食べたいなとか、いちごが食べられるうちに行きたいなとか色々思う次第である。

そして戦ブラナンジャは気が向けばまた行くのかもしれないと思いながら、アクリルスタンドを組み立てた。

もう無条件にかわいいから飾っとこ。

f:id:aoionon:20180317233811j:image