夜明けの星を待ってる

今ハチャメチャに仮面ライダービルドにハマっている

舞台挨拶に行ってきた(平ジェネfinal)

キュウレンがあまり面白くない(体感)間に始まったビルドがめちゃくちゃに面白い。

まず、男性が二人並んで戦うということそれこそがメ……を思い出させるので加点である。

というか、仮面ライダーは割とそんな感じなのかもしれないと、映画を見て思った。

 

ビルドに対する批評であるとか、そういう小難しいことは特撮専門で書いてる人のところを読めばいいと思うので私は何にも書かないつもりでいる。だが一つ思うのは、いろいろインタビューやヒロビを読むと、ビルドとはこれまでの平成ライダーの美味しいところ取りなのかな、とは感じている。

見てなさすぎてわからないけど。

ワカハイ学科の必修(あるいは選択必修)の科目であることは間違いないと思うのだ。

 

というわけで、感想を綴る。

 

かつて主人公であった永夢(それまでのレジェンド達)と、今の主人公である戦兎は、すでに「仮面ライダー」としての人格が確立し、それに対し龍我が「映画の主人公」として成長物語の主人公に据えられている構図がとても美しい。

戦兎は目覚めてから一年間ビルドとして戦ってきており、永夢もまたテレビシリーズ一年間を通してエグゼイドとして成長していることを考えると、戦兎が本編で龍我の導き手として在ろうとするそれは「映画で龍我に仮面ライダーの在り方を見せてくれるレジェンドたち」と同じなのだなと思う。戦兎はもうある程度の成長と成熟を経ているから、クローズになったばかりの龍我の成長が描かれるのは、今後龍我がより戦兎の相棒として並び立てるようになるその一つの布石になるんじゃないかと興奮する。本物のメ……アになってくれ。

あと戦兎の「ラブアンドピース」は「ラブアンドピース」のために戦っていないと一つの人格として危ういので、それを言い聞かせてる感じも切ない。葛城との因縁も、いよいよもって現実味を帯びてきたことであるし。

エグゼイドを見てこなかったので申し訳ないのだが、パラドの子供のような純粋さと永夢の穏やかな関係がとても魅力的だった。記憶が無くアイディンティティが危うい戦兎と、冤罪や因果を背負う龍我には是非とも互いを叱咤し、支え合い、背中を預け合う救い人であってほしいと考えているのだが、パラドと永夢はネタバレを読んだところ運命の双子 - Διδυμοι -(Sound Horizon official website)なのでは?と感じている。永夢もパラドも元気そうで本当に何よりなんだけれども。

仮面ライダーって、「仲間の結びつき」推しの戦隊と違って、「個と個の結びつき」みたいなのを重視しているような印象が私にはあって、主人公はもちろん全ての登場人物と絆を深めて行くけれども、そのなかでより濃い結びつきを持つ相手が一人いるのが定番なのかなと思う。パラドが一生懸命「永夢!」と呼びかけて永夢がずっとパラドのことを心配しているのとか、ちょっと重い兄弟のような印象を受ける(ネタバレ読んで兄弟どころじゃねえなと思ったけれど)。

そのあたり、戦兎と龍我はこざっぱりしてるよな。そういう気負いしない関係が二人が結構大人で自立した人生を歩んで来た感じがある(他のライダーの背景をあんまり知りません)。

 

龍我の達した結論もとても彼らしくて良い。

彼は別に2号ライダーであるし、彼の背負っているドラマを思えば(もしくは人間の感情で考えれば)「ラブアンドピース」のために戦えなくて当然なところを、「自分を信じてくれた人のために」という“裏切りようのない理由”みたいなので戦うことを決めて戦兎のところに赴くのが相棒という感じ。このへん見てるとき「なんでもかんでもメ…イ…って言ってごめんな……」と思っていた。二人はべつにワールドリフォーミングの後の世界で生きてるわけではないのだから、二人は二人らしく相棒になって行くんだよな……とジーンとしていた。龍我は戦兎のことなら信じても良いと言っていたし、同じことを戦兎も思ってる(仮面ライダービルド 第10話 滅亡のテクノロジー | 東映[テレビ])。そもそも龍我の冤罪を最初に信じたのだって戦兎だ(仮面ライダービルド 第1話 ベストマッチな奴ら | 東映[テレビ])。

しかも、

運命のベストマッチ

仮面ライダーである桐生戦兎。しかし、彼にはここ1年間以前の記憶がすべて欠落しています。『仮面ライダービルド』の1話のポイントは、既に仮面ライダーとして能力を発揮する戦兎が、その記憶喪失の謎を解くためのキーパーソンである龍我と出会うところにあります。その龍我は、よりにもよって刑務所から逃げてきた脱獄犯。無実とはいえ罪を背負った龍我との出会いをキッカケに数々の奇奇怪怪な出来事が巻き起こります。そんな二人の運命の出会いを、絶対にお見逃しなく!

仮面ライダービルド 第1話 ベストマッチな奴ら | 東映[テレビ]

「運命の出会い」だったわけだ。ックゥゥ〜〜誰に仕組まれた運命なの? スター…なの? Moira(Sound Horizon official website)のみぞ知るの? ス…ークなの?

 

全て終わって帰ってきた二人が一つのベッドに倒れこむシーンがあって、「別にメサ……じゃないんだよな、うんうん」と納得(?)したはずだったのに、急に珀と鋭利みたいなカットが大写しになってビビったことは認める。

 

あと書き忘れていたのだが、オーズのオタク大丈夫? 息してる?

オーズ、入野自由の声が聞きたくて何度か見た程度の私ですら途中泣けた。

映司が掴み取ったそれは映画だからこその奇跡であり、奇跡であるから永遠でなく、アンクの切ない表情とともに消えてしまうところがもう涙無くして見れない。終わりゆく平成の中で映司とアンクが再会できたのは、運命のようにも監督の愛情のようにも思える。これから二人がまた再会できるのだろうか、また並び立つことができるのだろうか。運命は残酷だ。されど彼女を恐れるな。Moiraが戦わぬ者に微笑むことなど決してないのだから。

 

龍我の成長物語として本当に熱かった。もちろん龍我の成長だけでなく戦兎の不穏な背景を匂わせる、正真正銘ビルドの映画だった。

なんだか今回はいろんな人の感想のキメラみたいな文章になってしまったが、運命に執着したキモキモブロガーはそう多くはないと信じて公開する。

 

https://www.instagram.com/p/Bcib9mQBt7T/

#仮面ライダービルド #平成ジェネレーションズfinal

 

映画『爪先の宇宙』感想

映画『爪先の宇宙』を観てきたので感想を述べる。

うまくリンクが貼れなかったので、ストーリーを転載すると以下のようになる。

漫画配信アプリ「comico」連載の同名漫画を実写映画化。固く心を閉ざし、人とのかかわりを絶って生きてきた主人公の再生の物語を描く。高校時代に親友から放たれたある一言がきっかけで心を閉ざし、親との関係も原因で思ったことを口に出すことができなくなってしまった吉河亜紀。自分を変えるために小さなカラオケボックスでアルバイトを始めた亜紀は、バイト仲間との交流を通して少しずつ変化していく。

爪先の宇宙 : 作品情報 - 映画.com

ちなみに、いろいろ思うところはあるが私はこの映画嫌いではない。なんなら少し泣いた。

 

・ダブル主演という形をとったことについて

主人公はアキちゃん(演 桐嶋ノドカ)だ。そのため、まずはアキちゃんがトラウマを乗り越えていく必要がある。アキちゃんのトラウマはそれ即ち高校時代の友人との揉め事である。アンジ(演 北村諒)はそのトラウマに対するアキちゃんの向き合い方に口を出したりというよりは、トラウマに苛まれたあとのアキちゃんに関わる「うまくいかない人間関係」の代表である。(うまくいく人間関係はユメコさん)

アキちゃんの社会復帰を助けるという意味で、アンジのぶっきらぼうさに自らアキちゃんが歩み寄らなければならないという意味で、ある種アンジの存在が訓練であったというのはストーリー的に理解できる。

が、それだからと言ってアンジが主演の一人となるのはなんかよくわからん。主演ならもっとアンジの見せ場あってもいいと思う。上演時間は67分。あと30分頑張って、アキちゃんとアンジの始まりかけの恋みたいなの見せてくれるだけでも良かったのに。

映画では若干アンジの家のこととか将来のこととか匂わせて描いて、アンジがアキちゃんという不安定で変化して行こうとするものに出会って、少し変わって行こうとしている(=成長)みたいな描き方してたけど、それも薄くて主演というには物足りなかった。

アンジの主演感が薄すぎて消化不良。

 

・唐突な恋愛フラグ

例えば調理場担当のアンジの隣で皿を洗うとか、事故きっかけでアキちゃんのトラウマをアンジが目の当たりにするとか、そういう地味なフラグは序盤から立っている。漫画も確か立っていた。

ユメコさんが前髪をいじって来たアキちゃんの変化に気づいて、こう言う。「男子気づくかなあ」私は思う。今までのどこにアキちゃんがアンジに惚れる要素があったのと。今にして思えば「上手くいかない人間関係」であったためにアキちゃんが積極的に関わろうとして、それが恋愛的なやつにすり替わったのかなとも思うけど、そんな事推測しなきゃわからんというのもアレだし、推測ということは私の深読みでしかない気もする。

でも最後急にトラウマを乗り越えたアキちゃんがアンジに前髪のことを訊いて、アンジがアキちゃんの好意をちょっと察する。で、映画が終わる。消化不良!

例えば少しずつ恋愛しながらクライマックスでトモちゃん(アキちゃんの友人、トラウマの元凶)と和解し、それをアンジが見守り、初デートの約束へとかだったら良かったのにと思って漫画読んだが、そんなことしたら原作丸無視ということになりかねなかった。

 

・やりたいことはわかる気がする

まあまあ、つまりこういうことなんじゃないの?

 何一つわかってない? だとしたら済みません。

私が言いたいのは、「若い女子向けスイーツ映画みたいに綺麗な登場人物と綺麗な色を綺麗に撮りたかったんじゃないの?」ということだ。

(なぜ近キョリ恋愛のドラマのリンクかというと、まともに見た若い女子向けがこれしかないから)

ときおり挿入されるスーパーボール演出や、雨に打たれていろんな光を反射する窓とか、そういう事かなと思った。

星モチーフを連想させたいんだったらこの項目は私の深読みだわ、ごめん。

序盤斜めから登場人物のことを映したり、画面揺らしたりしてたのが後半おさまって、だいぶ見やすい感じしたけどあれなんなんだろうな。シャフトかよと思ってたけど後半はそんな事も忘れてた。

 

・曲

映画の途中で主題歌とか流れてくるんだけど、その曲聴いて「ノイタミナみてえだな」と思ったら、ほぼほぼ正解だった。

ryo (supercell)のこのノイタミナ感な。

結構好き。

 

 

……と、まあこんな感じだ。

正直、ネットの漫画にありがちな「やたらトラウマを持っていて親とも上手くいってないヒロイン」アキちゃんも、性格のキッツいトモちゃんも、絶妙に感情移入できないのだが、この二人の関係性は、高校時代(ともすれば中学生時代)の閉塞的な関係性を彷彿とさせて仲直りの場面で少し泣いた。

 

以上!

 

日記

こんな夢を見た。

床屋の敷居を跨いだら、白い服を着て固まっていた三、四人が一度にいらっしゃいと言った。

当然のように四角い部屋で、窓と鏡がある。鏡の数を数えるような殊勝さは私にはないが、床屋に相応しい数があると思ってもらって良い。

自分はその一つの前の椅子を腰を下ろして、鏡を見つめた。座り心地の良い椅子で、背を包むような形状が気に入っていた。これはAiiAの椅子ではないなと思った。

鏡には後ろの窓が映り、窓からは往来を行く人がよく見えたが、誰も彼も顔は見えない。

白い服の三、四人のうち、一人の女が私の後ろに来てこう言った。

「さて、ブログになるだろうか」

私はその彼女の顔に見覚えがあったが、いずれにしてもブログになるかどうかは私の加減であったため、こう返した。

「ならないと困る」

 

まさしく神頼みである。

http://kaichuinari-jinja.or.jp

皆中稲荷神社は「当たる」ものに利益があるという。

 

江戸時代、この辺りに「鉄砲組百人隊」を駐屯させていたらしい。彼らは地元の人に篤く信仰され、土地名に「百人町」とその痕跡が残っている。

 あるとき、鉄砲隊与力が思うように結果を出せなかったが夢枕に稲荷之大神が立ち霊符を示した。その後の射撃では百発百中。それを見て驚き、同じように霊符を受けて射撃を行なった旗本も百発百中。

それが近隣に広がり、射撃以外にもご利益があったことから「みなあたるの神社」と称えられるようになったと言う。

皆中稲荷神社

 

……と、いうわけだ。

つまり、「宝くじも当たる」と解釈でき、ギャンブルにもご利益がある。だが私たちのような人間にしてみれば「チケットも当たる」……。

境内の絵馬にはジャニーズ、あんステ……(今思えば新大久保に近いにも関わらず、韓国アイドルの当選祈願のみでなかった)それらの当選祈願の旨がずらりと並び、神頼みがずらりと並ぶ。

 

私は連れと手水場の水で手を濯いで、しっかり願った。

絵馬も書いて、お守りも買って、あとは父親にでもと宝くじケースを買って、それから境内を出た。小さい神社であるが、休日ということも相まって参拝者が多数いた。

そういえば、ご朱印はサービス停止していた。ご朱印を集める趣味がある方は注意されたし。

 

ご飯食べたところ。

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13023621/

チーズで胃がもたれるので、ランチセットを連れとシェアするのと、サラダバーに頼ることをお勧めする。

あと並ぶ。土日だったことも含めて余裕で一時間並んだ。予約していくべき。

 

 

夢十夜

夢十夜

 

 久々にブログ更新した。

本当は映画の感想など公開したかったのだが、もうしばらく待つことにする。

 

ジャー忍、青エク、Kステ

いや舞台行けよみたいなね、気持ちにもなるよ、わかる。

タイタニックすらキャス変するからね、それについて書けってわたしの中のわたしが言ってる。

でもさ、また抜歯したんだよね。前回割とメソメソしたんだけど今回超余裕。痛い思いはしたけど前回に比べたら屁でもないから2回目というのはすごい。

 

そんなわけでしばらくぶりに舞台を観た。面倒なので一気にまとめる。なぜならモチベ皆無からの舞台週間だったからだ。

行くまでめちゃめちゃ具合悪かったのに、席着いたら急に元気になったのでまあそういうことだろう。

 

先に謝っておきたいのだが、Kステの感想がクソほど長い。そしてキモい。マジでごめんなさい。

 

続きを読む

日記

お題「好きな短歌」

かつてジャニーズ短歌というものがあった。今もあんのかな、わからないけど。見つからないんだよね。どうやらもうメインでやっていた方のブログが無いみたい。なので近しいご様子の方のブログのリンクを失礼している。

まずこの第一回のテーマにジャニーズというものの煌めきとその影を見る。

 

定型詩というのは美しいと思う。

決まった音の中で使えるだけの言葉を使って、お題であるところのアイドルを表現するというそのままならなさ。それでいて個人の語彙に全てを委ねるという自由さ。アンバランスなその二つが、とても美しいと思う。

 

若手俳優界隈にはにはそういうことをしだす人がいないのだな。ジャニーズほど母数が多ければ、自担のことを短歌に詠み、その耽美さに涙する人もいたんだろうか。母数があれば、贈られた(?)短歌に対して、適切な返歌(?)を用意することができる人がいたのだろうか。

私には出来ないなあ、そんな教養はない。運営力もないし、公平性も欠如している。

 

だから勝手に期待するのだ。誰かがそういう企画を立ち上げたりすることを。もしくはもうあるのなら知りたい。

ある誰か一人の俳優というテーマに対し、みながどんな言葉で歌とするのか、知ってみたい。

 

 

……と、このお題を見たときに思ったのだ。ブログ更新するほどの内容ではないかなと思うけれど、あまりに期間が開くのも嫌だったから更新してしまう。

 

私には、結社「明星」さんにかつて寄せられていた短歌で、どうしても好きなものがあった。誰が読んだものか、主宰の方のブログも無くなった今、リンクの貼り方もわからない。引用としての作法を守れないようでは、教育を受けたものとしてどうなのだろうと思わなくもない(守れてない私のエントリもあるんだけど)。

だからやはり問題があるなら削除するけれども、でもどうしても好きだったので、引用させてもらう。テーマはSexyZoneについて詠んだもののはずだ。

遠くから来たのは未来のぼくだった 見えないちからを信じるこども

つづく!

私は今、映画館近くのカフェでナポリタンを食べながらこの記事を書いている。

正確にはデザートのシフォンケーキまでしっかり食べた後に書いている。

今日は交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1の映画を観にきた。近くにいる「コミック原作実写化映画反対派」の女のうざったい主張を聞きながら、「イケメンなら何でもいい派」の私はひとまずぼんやりとしている。

私は、緊張しいだ。そして今回はうっかり前評判を調べてしまった。あまりの緊張に我慢できなかったのである。

なのでわずかばかりの情報は知っている。例えば「モーニング・グローリー」の手前で終わること。字幕の評判がクソほど悪いということである。

 

で、観てきたため感想を書く。

 

めっちゃ泣いたんだけど?

 

確かにみんなが言わんとしてることはわかる。字幕変わるの早いし時間関係が前後しまくっていて今がいつなのか、レントンはいつ軍学校を出て月光号に乗ってそこを出たのか、そういうことがわかりづらい。

たぶん、そこを理解させるために作ったわけじゃないんだろうなという風に感じた。時系列についてはパンフレットを買おう。

たくさん出る字幕は「これだけの情報量を必要とする部隊がこんなにあっけなく壊滅しました」という一つの指標であり、または「これだけの周囲との関係性がある人であってモブではありませんよ」という一つの示し方であり、字幕がたくさん流れてすぐ消えるのはとてもかっこいいという至極簡単な論理に基づいている印象があった。

つまりわざわざ読む必要はほとんど無く、考えるな感じろで充分なはずだ。

だいたい、字幕を読んでいたら冒頭の最高にかっこいい空中戦を見逃すことになる。この映画のとても重要なシーンはその「サマー・オブ・ラブ」で間違いない。

なんというか、好きなものを語るにあたっては好きであるという文脈の元でしか語れないとひしひしと感じている。

 

と、いうわけで感想である。バリバリに内容に触れることをご了承いただきたい。

続きを読む

舞台挨拶に行って来た

生まれて初めて特撮の現場に赴いた話をしたい。

 

生まれて初めての歯痛から数週間、経過も良好なれば舞台に行ったりフォト買ったりしていた結果、Vシネマ宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー」舞台挨拶付き完成披露上映会に行ったりして来た。

発売自体は10/25のためストーリーのネタバレはなしである。演出とか感じた事はガンガンに書くけど。またこういったジャンルについて言及することが初めてのため、問題があれば教えて欲しいと思う。

 

・内容の話

おっも……!! キュウレンから特撮デビューをした私にはキュウレンのハードさも驚きの事実だったのだが、めっちゃくちゃに重い。会場にいた小さなお友達のみんなは果たしてどうだったのだろう、おいてきぼりじゃなかったろうか。

それくらいハードだったが、先日の本編がメサイアの如しだったわけだか、それよりかはつむ鴨である。救いのなさが時代と故郷を憂う愛国の志士といった趣きを感じる。スティンガーは故郷のために兄を討たねばならず、その運命の過酷さと反して仲間は温かく、相反する二つに挟まれている彼はいかなる時でも最も人間くさく生きているな、と思った。宇宙人だけど。正義とか、世界のためとかいう理由で行動しない彼は、ラッキーと対になるような主人公的な気質の持ち主なわけで、つまり何が言いたいかというと「スティンガーのサイドストーリーって本編と雰囲気変わって絶対に良い感じだよね」ということである。

アクションもとてもかっこよかった。生身でのアクションや、映画であるからよりお金をかけて工夫されてる感じがとてもかっこいい。ワイヤーアクションでクルクルクルっと回転しながらのアクションがあるのだがそれがクセになるかっこよさである。本編でもやってくれ〜〜。

生身のアクションがとても多くて、それがとてもかっこいいが大人向けといった印象を持つ。特撮に明るくないのでなんともなのだが、変身→強化→戦闘という段階を踏む事で、登場人物がどう考えても人間より強そうな怪人と立ち向かう力を得る理由付けとなっていると思っていた。それは子どもたちにとってわかりやすい強さの表現の一つでもあるだろうし、変身によって極力生身感を抑えれば、戦闘の持つ暴力性を抑える事にも繋がるのかもしれないし……という事もあったりするんじゃないかと考えていた。今回は生身でのアクションが多く、それはほとんど喧嘩といって良いものから戦闘まで様々なのだが、あまりにも生々しいと思った。これはアクションというより、殺陣である。差はよくわからないが、もはや殺気立った画面は舞台でよく見るあの殺陣となんら変わらないと思った。

ハードボイルドなストーリー、命のやり取りの殺陣、そしてセクシーなヒロイン。完全に大人が好きなやつである。ちょっと涙ぐんだ。

公式学パロも可愛かった。学ランやブレザーの割り振りがあまりにもわかってるな……という感じである。

 

・周りの環境の話

めっちゃ子どもいる〜〜〜〜可愛い〜〜〜〜!!!

老若男女いる〜〜〜〜不思議〜〜〜〜!!!

 

・キャストの話

かっわ……。

岸くんのインスタライブ見たいがためにインスタを始めたわけだが、その岸くんの生歌をお聞かせいただいた。うま。歌うま。

あとキャスト、かっわ。

 

そんなわけでハードボイルドなスティンガーのスピンオフはなんとイッカクジュウキュータマが付いてくる初回限定版もあります!

 

 キュータマついてこない方。

 

宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー [Blu-ray]

宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー [Blu-ray]

 

そして岸くんの野望。

と、詳細のリンク。

 

最後に私のインスタ。

https://www.instagram.com/p/BZMuXVrhS-j/

#宇宙戦隊キュウレンジャー