夜明けの星を待ってる

私のMBTIはINFP-Tです/Mr.ハッピーエンド

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』感想

祭りだ〜〜!!(感想書くの遅くなったので見飽きた感じの内容だったらすみません)

ジオウの方

創作される物語として

信長という創作された物語篇、ソウゴくんの創作された物語篇となるわけだけど、つまりソウゴくんはスウォルツ氏が選んだ2000年生まれの子供たちから、ISSA氏がランダムに選んだ「生まれながらの王と見せかけられていた普通の高校生」ってことなんだよな。

つまり、ISSA氏はいちご狩りのバスから王としての器を備えた男の子を引き当ててしまったとも言えるし、それがソウゴくんの幸運のなせるわざなのだとしたらそれもまた王の器なんだ。

歴史は創作されるものとして魔王織田信長を描くことで、ゲイツくんが「ソウゴくんの物語を創作されたものとして受け入れる」というきっかけとしても前半の戦国時代パートはとても良かったと思うのだけど、牛三が現代に来てそれが剛くんの助けになるというのもとても良かった。

 

詩島剛

剛くんが「チェイス」のために生きているということ、こんなに切ないことがあるか。

正直クリムの屋敷跡に剛くんが現れたのを見て泣き、剛くんがチェイスのために生きているという言葉を聞いて泣き、継承を見て泣き、がばがばの涙腺が非常に疲れた。

いい加減チェイスと剛くんを会わせてあげたい気持ちもあるのだけど、ブレンの時に剛くんが復活させるためにデータを集めていたのがハート様、ブレン、メディック、チェイスというところを鑑みると、100体以上いるロイミュードからその4人を選抜し蘇らせようとしてるのだ。業が深い。命の選別である。

もう何年剛くんはチェイスのために生きてるんだ。そろそろ会わせてあげることは出来ないんですか。

それはそれとして牛三の「へっちゃらでござるよ!」は可愛すぎたな。

 

「思うままに生きろ」

思えばソウゴくんは初めから自分の未来について諦めてなかったわけで、ゲイツツクヨミはそれに段々絆されていた。

「平成って醜くないか?」に対して「自由な仮面ライダーたちをひとくくりにできると思う?」という答えになるのとてもよかったよなと思う。

なにもかも不揃いでいろいろとままならない時代だったけれども、不揃いで統一感のない物語たちだったけれども、それを必死に作り、提供し、享受し、愛しヒーローとして尊敬した子どもたちがいたのだ。そういう事実を愛する映画だった。

 

ソウゴくんとゲイツくんとツクヨミとウォズ

ずっと聞きたかったんですよ「あいつが俺たちの王だ」というその言葉が。

王の器を備えたソウゴくんから、文字どおり王位を簒奪するISSA氏が別に王の継ぎ方として正しくないわけじゃないだろう。王位の簒奪が正しいこともあろう*1。でもレジェンドたちはソウゴくんがソウゴくんだからウォッチを託したし、ゲイツくんやツクヨミはソウゴくんだから信じたのだ。

思うままに生き、一瞬一瞬を生き抜いたソウゴくんだからこそ主人公たりえ、全てを守り未来をより良くするためにと言えるソウゴくんだからこそ、王様足り得るのだ。

 

仮面ライダーという物語として

ジオウは祭りだった。レジェンドを回収するあまりソウゴくんの物語として薄いんじゃねーのと思ったりもした。だけども「仮面ライダージオウ」は結局のところ20年を内包した物語であってしかるべきだったわけだから、それでいいんだ。薄いんじゃなくて、その20年の多様性すべてがジオウという物語に詰まってるんだ。

すべての仮面ライダーを肯定するものであった平成ジェネレーションズフォーエバー*2でヒーローを信じる心を肯定し、夏映画では平成の間に生まれた「仮面ライダー」に付随する物語の全てを肯定する。前述の通りそれは不揃いかつ醜いかもしれないが、それを提供した人間を肯定し、愛した人間を肯定し、歪さすらも肯定するその「なんでもアリ」がジオウの懐の深さであり、時の王であるジオウの慈悲深さなのだろうな。

しかし、このクライマックス。どんなテンションで書けばこうなるんだ??

普通に生きてて「平成ってやっちゃうか〜〜」ってなる? あのキックの足跡のロゴに意味があったってやっちゃうところすごくない?

 

ビルドくんの陰

ちらちら映るビルドの物語の片鱗に泣くの、もうやめなよ。もう終わったんだよ。

言い聞かせながらもうっかり涙した。

 

継承

剛くんがライドウォッチを継承し、Quartzerの介入を受けて記憶をなくし、ソウゴくんを助けに来た時はライドウォッチを託したことについて記憶があり、謎である。

テレビシリーズではだんだん継承のなされ方が変わってきていると説明されたけれど、同一の映画内でやられてしまうと混乱する。

もしかして解説あったのかな。

 

Quartzerの皆様の目的

クララ・スタインベルトを消したかったのは「仮面ライダードライブ」の歴史を消したかったからで、ISSA氏の目的は替え玉たるソウゴくんが継承した「平成仮面ライダー」の力の簒奪と歴史の改変となると、秀ちゃんはクララのことを本気で始末するつもりなど一切なく、「クリムの系譜」を囮に使ってテレビシリーズで継承が上手くいかなかった「仮面ライダードライブ」の歴史を継承させたということでよいですか。

正直、FinalやForeverやBe The Oneレベルに気がすむまでこすってないので不安感あります。

 

リュウソウジャーの方

私、あんまり真面目に戦隊を見てることってないのでリュウソウジャーも御多分に漏れずという感じで全然見ていない。

そんなわけだけどひさびさに見たらやっぱりみんな顔が良いなと思う。

リュウソウジャーは本当に面々みんな顔が好きな感じの系統で、クライマックスの伏せたコウくんの顎から汗が滴るのも、前髪の向こうに見える目も、顔がめちゃくちゃ良いから「顔がめちゃくちゃ良い〜〜〜〜」という興奮がすごい。

話については「Don’t think feel」という感じが、最初の頃少し見てたリュウソウジャーの破天荒さそのままという感じで、これこそがリュウソウジャーの味なのだと思った。

 

https://www.instagram.com/p/B0vV8PMhoBN/

#仮面ライダージオウ #Over_Quartzer ただ映画観ただけです。ありがとう平成!

 

*1:『毒吐姫と星の石』です。

*2:どんなテンションでエントリを書いているのか。